未知との遭遇☆獅子舞とは?

我が家に獅子舞がやってきました!

 

 

家族に撮ってもらった写真、息子の顔全部こんなん…

 

 

突然現れた見たことのない物体を目にして、息子の小さい脳みそ内では高速で莫大な情報処理が行われていたのでしょう。

 

よく「やさしい顔してるね」と言ってもらえる息子ですが、未知との遭遇により新たな表情が生み出された出来事でした。

 

 

 

 

 

淡々と我が家の厄除けをしてくれた獅子舞、厄除けが終わったら息子の頭を噛んでくれるのかな~と思って待っていたら、終了とともに我々の前を静かに通り過ぎ、次の目的地に向かって去っていってしまいました…

 

 

私  :「あ、あれ?噛んでもらえない?」

義父:「ほんまやな…頼めばよかったな…

ご祝儀が1000円じゃ少なかったかな…」

 

 

 

 

金額で対応が変わるの!?Σ(´□`;)

 

 

 

そりゃボランティアじゃないものね…

来年はもうちょっと包もう…

 

 

 

それとも、息子が小さすぎるので気を遣って噛んでくださらなかったのだろうか?

 

こんな時代だから、泣かしてクレームが入ったことがあったとか?

 

 

 

とにかく来年は、今年の反省を活かして

①もう少しご祝儀の額を増やす

②ちゃんと「この子を噛んでください」とお願いする

ということを実行したいと思います。

 

 

 

 

 

当日仕事の夫から受けた、「獅子舞が口を開けたら中の人が見えるのかチェックしてほしい」というミッションは無事に遂行し、「縦長の布が張ってあって見えませんでした」と報告しました(´∀`)

 

 

 

 

 

 

毎年お伊勢さんから来てくれる獅子舞、子どもが頭を噛んでもらうと学力向上・無病息災・健やかな成長にご利益があるとのことで、神様の使いか何かなのかと思っていましたが、調べてもそのような表記は出てこず。

獅子舞は、厄除け・悪魔払いをしてくれる「伝統芸能」なんですね。

そして、雨でも雪でも必ず毎年同じ日にうちの地域一帯を廻ってくれるということも初めて知りました。

 

 

息子よ、無知な母でごめんよ…

 

 

来年は泣くかな~(´ω`*)