●婚活話《64》婚活してることを人に話して嫌な思いをした話

 

 

独身を謳歌している人にこの言葉を言われるのは全くかまわないのですが、既婚者に言われるのは辛かったです…

当時の私があんなにも欲していた“結婚”というものを見事手に入れている人に言われるのは辛かった…

 

 

もしかしたら彼女は結婚生活がうまくいっていないのかな?と思ったりもしましたが、その後立て続けに二人の子どもを出産し、幸せ満載の年賀状が送られてきました。

超うまくいってるやん…

 

 

…と言いつつも、それぞれの家庭の事情があるので、本当のところ彼女がどのような気持ちでそのような発言をしたのかはわかりません…

 

 

 

この時は婚活している自分を否定されたような気持ちになってしまい、ショックで固まってしまいましたが、軽い感じで「え~なんで~?結婚いいやん~」とか聞けばよかったなぁ(^^;)

 

 

 

 

 

 

次は、私の後輩(♀)の話です。

(↓彼女の許可を得て描いています)

 

 

 

彼女も、「既婚者に言われるのは辛い」「結婚相談所に入らなくても結婚できるならとっくにしてるよ…と思った」と言っていました。

家族に婚活のお金を出してと言っているわけではないし、大の大人が自分で決断して自分で稼いだお金でするのだから、一言頑張れと言ってほしかったとのことです。

 

 

 

婚活の話題はドラマやその他のテレビ番組でもよく耳にするようになり、昔よりは随分市民権を得てきていると思いますが、

考え方は人それぞれなので、理解してもらえないことも時にはあり…

 

 

しかし、人に理解してもらいたくて婚活しているわけではなく、自分が幸せになりたくて自分で決断して婚活を始めたのだから、

ショックはショックだったけれど、私も彼女もその後も婚活を頑張りました。

 

 

 

そして、●婚活話《63》で書いたように、人に話して良かったと思うことの方が多かったので、その後も(そして今も)婚活話を人にする私でした(^^;)

 

 

 

 

次回からまたお見合い話を描いていきます✏️